読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zekaoh's blog

将棋、雑記など

「ものの歩」22話目の感想

お詫び 2月24日追記 今週のこの感想記事の将棋の部分ですが、前提となる棋譜の認識に誤りがあり、結果として批判が間違ったものになりました。 この間違った記事を読んでくださった皆さん、またあらぬ批判をしてしまった作者や監修者の方々に深くお詫びを申…

「しおんの王」(漫画版)の感想

「しおんの王」(漫画版)の感想漫画版は全8巻。電子書籍版を購入。原作者のかとりまさるは元女流棋士の林葉直子さんとのこと。将棋漫画としてはかなり凝った設定で、女流棋士の世界を描くとともに、主人公である紫音(しおん)の両親殺害事件の謎も描くミス…

「ものの歩」21話目の感想

「ものの歩」21話目の感想 今週は岬対信歩の中盤戦。白熱した戦いが繰り広げられる・・・のですが、駄目だその前の士(つかさ)の回想シーンが面白すぎる。棋譜見て興奮して鼻血とか岬は完全に頭がおかしいじゃないですか・・・モザイクもかかってるし・・・…

第1期 電王戦のスケジュール

第1期 電王戦公式サイト info.nicovideo.jp table { border-collapse: collapse; } th { border: solid 1px #666666; color: #000000; background-color: #FFFFFF; } td { border: solid 1px #666666; color: #000000; background-color: #ffffff; } thead t…

「ものの歩」20話目の感想

「ものの歩」20話目の感想 今週は団体戦準決勝、信歩対岬の序盤戦。センターカラーということで美しい表紙が拝めます。なんとなくアニメのポスターみたいですね。気が早いですが連載が続いていけばいずれはアニメ化するのかな。 今週はじっくりと序盤の駆け…

「ものの歩」19話目の感想

「ものの歩」19話目の感想 ま、負けました・・・と、十歩に代わって私が岬に投了をするという謎の出だしですが、今週は十歩対岬の決着編。 先週衝撃の回想シーンで信歩と戦うための異常な執念を見せた十歩。格上相手とはいえ、この執念ならもしかしたら岬に…

「ものの歩」18話目の感想

「ものの歩」18話目の感想 今週は増量ページということで読み応えたっぷり。第一巻重版記念とのことなので、人気も出てきたんですかね。十歩人気が・・・それから漫画本編の前のページに「ものの歩 プロへの道も一歩から」という記事ページが始まりました。…

「ものの歩」17話目の感想

「ものの歩」17話目の感想 十歩戦で次週増量ページとか、ものの歩は十歩でもっているんですね・・・といきなり結論が出た17話目の感想ですが、今週は個人的に気になっていた矢倉対振り飛車の戦いが出てきましたのでまずはそちらから。 第1図 △6五歩 先手は…

「ものの歩」第一巻の感想

「ものの歩」コミックス第一巻を購入。おまけのカードが裏についてました。 ただ買う時にこのカードがバーコード部分を隠してしまい、読み取るために店員さんがカバーのビニールを破いてしまうという事態に・・・帯には監修の橋本崇載八段の魂のメッセージ。…

「ものの歩」16話目の感想

「ものの歩」16話目の感想 皆様あけましておめでとうございます。今年もものの歩の感想を書いていきたいと思います。よろしくお願いします。ということで今年一発目のものの歩ですが都大会がいよいよ始まります。 竜胆の宿敵蒼馬のいる将和高校に当たるため…

「ものの歩」15話目の感想

「ものの歩」15話目の感想 今週は信歩の修行編。 信歩の修行は少ない持ち時間でひたすら竜胆と矢倉を指し続けること。ストレートな修行で、不利な戦型になった時の秘策とかは特に無いようでしたね・・・ 2ヶ月間で約8万分、数をこなして矢倉に慣れるのが大き…

「ものの歩」14話目の感想

「ものの歩」14話目の感想 今週のものの歩はゴールデンウィーク中の話。かやね荘は帰省で人がいなくなるため閉まり、信歩は竜胆の家で特訓合宿。 団体戦の組み合わせも決まり決勝まで勝ち続けなければ蒼馬と戦えない信歩たちですが、信歩の将棋は絶不調。い…

連盟HPに将棋文化検定~良問振り返り~のコーナーが開設

日本将棋連盟のHPに「将棋文化検定 ~良問振り返り~」というコーナーが開設されてました。将棋文化検定 ~良問振り返り~ | お知らせ|お知らせ・イベント情報:日本将棋連盟これまでの将棋文化検定の問題の中から毎週数題ずつ掲載されるとのこと。 早速今…

「将棋の渡辺くん」の感想

「将棋の渡辺くん」伊奈めぐみ の感想 将棋の渡辺くん読了。なんと表紙の犬はぬいぐるみでした。漫画内に出てくる擬人化されたキャラクターだと思ってました・・・ ロンちゃんかシロちゃんか、ぬいぐるみを笑顔でみつめながら将棋の研究をする渡辺竜王・・・…

「ものの歩」13話目の感想

「ものの歩」13話目の感想 今週は急展開で、蒼馬と戦うために信歩と竜胆が団体戦に出場する流れになりました。 6月25日 東京都予選 7月 全国大会 団体戦は3人ですが、2人で出場=蒼馬と戦うためには全勝が必須ということで、約2ヶ月後の大会は厳しい戦いにな…

将棋の渡辺くんの表紙

将棋の渡辺くん(1) (ワイドKC 週刊少年マガジン)作者: 伊奈めぐみ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/12/09メディア: コミックこの商品を含むブログを見るお、表紙が来てる。犬を相手に研究するのか・・・盤面は角換わりですかね。 待ちに待った単行本発売…

「ものの歩」12話目の感想

「ものの歩」12話目の感想 今週は十歩戦から日が経ち、ゴールデンウィークに入る頃のお話。 十歩とは先週で終わりではなく、ネット対戦でちゃんと遊んで仲良くなっている模様。良かった良かった。信歩は将棋の勉強の量はすごいようですが、持ち前の不器用さ…

将棋カレンダーあれこれ(WEBの)

将棋カレンダーあれこれ 今年ももう残すところあと一ヶ月あまりになりました。そこで将棋カレンダーを集めてみました。 といっても紙のカレンダーではなくWEB上にある対局スケジュールなどの表のことです。ちょっとまぎらわしい出だしで申し訳ございません。…

小説現代12月号に小説「踊り子と将棋指し」の抄録が掲載

小説現代12月号に「踊り子と将棋指し」という小説の抄録が掲載されています。 第10回小説現代長編新人賞の受賞作で、その時は「ヒモの穴」というタイトルでの受賞。 単行本出版に際し改題。著者は坂上琴。54歳。元毎日新聞記者で将棋の腕前はアマ三段とのこ…

「ものの歩」11話目の感想

「ものの歩」11話目の感想 今回はいよいよ信歩対十歩の戦いに決着がつきます。 銀を打ち込み猛然と十歩の玉を寄せに行く信歩。ただ時間が無い・・・! 意外な決着と戦いの後の二人のドラマが見どころ。今回も熱い展開でした。ということでまずは今週の盤面。…

「ものの歩」10話目の感想

「ものの歩」10話目の感想 信歩対十歩の終盤戦。白熱の戦いの中、信歩の歩への思いが十歩の心を目覚めさせます。昔の純粋な気持ちを取り戻し、様々な雑音を振り払ってゲームに、将棋に熱中する十歩。 いてもたってもいられなくなり、ダッシュで会場に駆けつ…

「ものの歩」9話目の感想

「ものの歩」9話目の感想 今週は信歩対十歩の中盤戦。十歩が将棋を始めたきっかけやその背景が語られます。 片や何でも上手にこなす天才、片や要領が悪い不器用な鈍才。全く違う才能、境遇ですが、戦っている間にいつの間にか心が通じあっていく二人。 お互…

「或るアホウの一生」第一集の感想

「或るアホウの一生」第一集の感想 hi-bana.com ちょっとクセのある絵柄と試し読み第一話のメイク顔などで、奇を衒っただけの漫画なのかと思い読むのを敬遠していたんですが、読んでみると真面目に将棋の世界を取り上げていてすごく面白かった。漫画の内容は…

「ものの歩」8話目の感想

「ものの歩」8話目の感想 今週は信歩(しのぶ)対相楽十歩(さがら じっぽ)戦。 先週気になった大会への実況許可ですが、取材という形で許可は得ていたようです。厳密には撮影と実況中継は違うと思うんですが、大会運営者はそこらへんは気にしなかった模様…

詰む将棋

この前「ものの歩」の記事で将棋所を使って詰将棋を解いたのですが、もっと簡単に使える詰将棋の解答サイトとかないかなあ、と思って検索したらこちらのサイトが検索結果のトップにありました。詰め将棋(よかとき)(HTML版) 詰め将棋(よかとき)(JAVA版…

叡王戦の観戦記の図面

第1期 叡王戦本戦観戦記 郷田真隆九段 対 豊島将之七段 (内田晶) | ニコニコニュース 第1期 叡王戦本戦観戦記 山崎隆之八段 対 青嶋未来四段 (内田晶) | ニコニコニュース 第1期 叡王戦本戦観戦記 高橋道雄九段 対 塚田泰明九段 (松本哲平) | ニコニコニュー…

将棋プレミアムの年間生中継放送スケジュールが掲載

将棋プレミアム - 生中継|囲碁・将棋チャンネルホームページ 将棋プレミアムの生放送のページに年間の生中継放送スケジュールの画像が掲載されていました。 今後変更があるかもしれないと書かれていますが、今のところは以下の棋戦が放送されるようです。竜…

天野貴元さんが死去

2015年10月27日に天野貴元さんがお亡くなりになったとのニュースがありました。 30歳とのこと。早すぎる死だと思います。ご冥福をお祈りします。 12月21日追記 www.hochi.co.jp 報知新聞記者、北野新太さんの記事。 11月22日追記 週刊現代 12月5日号(11月16…

「ものの歩」7話目の感想

「ものの歩」7話目の感想 いよいよ信歩の将棋大会デビューの回。 公民館で行われる千駄ヶ谷将棋大会に学生服で出場している信歩くん。おそらく休日だと思うのですが、私服じゃないのね。そういえばまだ信歩の私服姿は見たこと無い?そして新キャラ、ワクワク…

将棋参加人口について

www.j-cast.com 将棋参加人口について レジャー白書によると15歳以上の「将棋参加人口」は09年の1270万人に対し13年は670万人に激減した。将棋に詳しいジャーナリストによれば、人口の減少はレジャーの多様化に将棋も飲み込まれたためで、特に08年のリーマン…

「ねずみ将棋」の紹介

「ねずみ将棋」は魚肉マンさんがHSPで作られた将棋のフリーソフトです。 面白かったのでご紹介。ダウンロードはこちらから ねずみ将棋 - SoupSeed目次 タイトル画面 遊べるモードは4つ ランダム将棋 おまけモード まとめ タイトル画面 タイトル画面。ハム将…

週刊将棋が休刊

週刊将棋が休刊。 「週刊将棋」休刊のお知らせ | お知らせ|お知らせ・イベント情報:日本将棋連盟 『週刊将棋』休刊のお知らせ | マイナビブックス 雨宮編集長のコゴト@休刊のお知らせ | マイナビブックス 将棋専門紙「週刊将棋」、来春に休刊 唯一の週刊…

「ものの歩」6話目の感想

「ものの歩」6話目の感想盤面は竜胆対桂司の最終図。 先手竜胆、後手桂司で▲6四歩までと思われます。 たぶんこれでいいと思うけど、これで詰み・・・なのかどうかはちょっと自分にはわかりません。 詰まなくても先手圧倒的優勢ということでの桂司の投了です…

勝負師

10月15日発売の週刊文春に天野貴元アマの見開き2ページの記事が掲載されていたので立ち読み。「抗ガン剤を拒否して僕が将棋を指し続ける理由」 〈ステージ4 元奨励会三段・天野貴元の壮絶闘病記〉:週刊文春デジタル:週刊文春デジタル(週刊文春デジタル) - ニ…

厳しい世界

live.nicovideo.jp 叡王戦本戦直前!27時間特番 本戦出場棋士登場 - 2015/10/10 18:00開始 - ニコニコ生放送とりあえず前半の3人の出演部分を視聴。青嶋未来四段の2:47:40頃からの視聴者からの質問で 「青嶋四段はプロでこんなに活躍されているのに奨励会で1…

「ものの歩」5話目の感想

「ものの歩」5話目の感想今回は見応えありましたね。前半の竜胆との勝負、後半の奨励会の世界の厳しさと敗者の悲哀がうまく描かれていたと思います。 同じ将棋の勝ち負けでも信歩は負けて喜び、香月の負けは吐くほど苦しい。青春ドラマから一変、信歩の進む…

Kifu for JSを知る

Kifu for JSというものを知ったのでメモ。こちらが開発者の方のページです。 na2hiro's devlog (仮): Kifu for JSを公開,AndroidやiOSで棋譜再生ができるように github.com 要はスマホなどのブラウザではFlashの将棋盤が動かないので、棋譜データを元にJava…

NHKBSでの竜王戦中継

cgi2.nhk.or.jp 今日気づいたんですが、NHK囲碁と将棋のトップページに以下のお知らせがありました。 「激闘! 将棋竜王戦~第28期将棋竜王戦ダイジェスト~」 今期より、中継放送に変わって、棋戦終了後 1~2週間前後を目処に、棋戦全体を振り返りながら ダ…

叡王戦27時間特番

live.nicovideo.jp 叡王戦本戦直前!27時間特番 本戦出場棋士登場 - 2015/10/10 18:00開始 - ニコニコ生放送 叡王戦段位別予選が終了し、本戦出場棋士16名が決定した事を記念し 叡王戦本戦直前!27時間特番 本戦出場棋士登場を生放送します。本戦出場棋士を…

「ものの歩」第4話の感想

「ものの歩」第4話の感想第4話は信歩対竜胆の対局がメイン。盤面が少しだけ描写されているので、まずはそれについての感想を。途中図はおそらくこんな感じ。△8二龍まで? 先手信歩、後手竜胆と思われます。(画像作成byShogipic) 5筋の位を取って角交換…

将棋プレミアム

www.igoshogi.net 将棋プレミアム|囲碁・将棋チャンネルホームページ タイトル戦やその他対局の生中継を見られるゴールド会員の月額は2000円。年会費だと20000円。今は10月分無料のキャンペーン中とのこと(11月分から一年間ということらしい)。1day会員コ…

新人王戦第一局 菅井 大橋

2015年9月29日 決勝三番勝負 第1局 菅井竜也六段 対 大橋貴洸三段|第46期新人王戦 から18手目のコメント 本棋戦は三段が優勝すれば、三段リーグにおける次点がひとつ与えられる(次点がつくのは進行中の三段リーグ終了時)。 大橋は過去に三段リーグで1…

「ものの歩」第3話の感想

「ものの歩」3話目の感想。初っ端サービスシーンでスタート。ストイックな漫画だと思ってたのに・・・いやいいですけど! どうせなら少し将棋と絡めて、駒得の勉強で駒を取ったら一枚ずつ脱がせるとか(?)、裸玉の説明で脱ぐとか(??)、そういう将棋漫…

「ものの歩」第2話の感想

「ものの歩」2話目の感想シェアハウスの中だけで話が進む。将棋だからしょうがないけど、部屋の中だけの話には少々閉塞感が感じられる。 ただ登場人物たちはテンション高いので漫画の勢いはある。今回は主人公信歩が10枚落ちで対戦。前回は詰将棋、今回は…

「ものの歩」第1話を読んだ

www.shonenjump.com 週刊少年ジャンプ42号「ものの歩」第一話を読んだ。 要領が悪く何をやってもうまくいかない高校一年生の主人公が、たまたま将棋のプロを目指す人達が集まるシェアハウスに入居し、そこで初めて将棋と出会い、自分の才能に気づくという話…

将世

ものすごく久々に将棋世界のアプリ(for iPad)を起動してみたら本年で終了のお知らせが…なんてこった。 将棋世界は紙版を買っているので電子版は結局一冊も買わなかったなあ。(将棋世界は最近あんまり読んでないが…) 代わりに将棋盤が動かない将棋世界が販…

引きずる

日本のバスケ協会が世界バスケ連盟に怒られたというニュースがあった。リーグが分裂していたり色々問題があるらしい。 もし世界将棋連盟があれば日本の将棋界も怒られそうである。2つの団体があり、新女流の段位問題など色々もめていた。 でもそれは前の話で…

引退

棋士は引退したらもう真剣勝負の対局をすることは無くなってしまうのだろうか。 引退棋士のアマチュア棋戦への参加資格があるのか無いのかはよくわからないが、引退とはいえプロのプライドがあるだろうから、もし参加できたとしてもアマチュア相手に指すこと…

交代

やだ予想はずれちゃった。 決勝戦が拙戦になるというのはままあることなのでしょうがない。ただこう一方的に形も作れず終わってしまうと、いよいよ世代交代したという印象も持ってしまう。世代交代というのはたぶん熱戦を制するとか力で代わるんじゃないんだ…

予想

うーん明日はどっちが勝つのか・・・ニコ生の対談で元気いっぱいだったから羽生三冠かなあ。どんな予想じゃ・・・それと話は違うが、渡辺明は今竜王と王将の二冠なんだけど、肩書きが竜王だけになっているようで、渡辺二冠とは言わないらしい。竜王・名人と…