読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zekaoh's blog

将棋、雑記など

「ものの歩」7話目の感想

将棋 漫画 ものの歩
「ものの歩」7話目の感想

いよいよ信歩の将棋大会デビューの回。
公民館で行われる千駄ヶ谷将棋大会に学生服で出場している信歩くん。おそらく休日だと思うのですが、私服じゃないのね。そういえばまだ信歩の私服姿は見たこと無い?

そして新キャラ、ワクワク動画のゲーム実況者でプロゲーマーの「相楽十歩(さがらじっぽ)」が登場。ユーザーネームは「jippo(ジッポ)」。ライターはzippoです。
マイク、カメラ、ぬいぐるみ、フード、セリフ回しと完全なる曲者キャラ。正直こういうタイプが出てくるとは思わなかった・・・(少年マンガらしいけど)

ワクワク生放送 【生放送】将棋初心者が聖地の将棋大会荒らしてみる 来場者数37081人

実況しながら優勝候補をいきなり負かすjippo。将棋をはじめて一ヶ月と言っていたので相当な才能の持ち主か?それとも裏があるのでしょうか・・・

それにしてもニコニコ生放送のゲーム実況とか見たこと無いので、実際どんなものかわからないんですが、来場者数3万超えとかかなりすごい実況者のよう。
実際にニコニコ生放送ではjippoのように実況しながら大会で将棋指す人もいるんでしょうか。作者オリジナルのキャラクターだとしたらなかなかすごいアイデアですね。
ただ実際にこれをやるとなると、実況は不正行為ではないとはいえトラブルの元になりそうなので、とりあえず大会主催者とか対局の相手とかには了解をとらないといけなさそうではあります。


図面は信歩が鮮やかに詰ませた13手詰めの局面。信歩側の目線のほうが見やすいので先後は逆にしてあります。符号も逆です。
さあ信歩になった気持ちで考えてみましょう!

問題図








 

解答

▲4三銀成 △同 玉 ▲4四香 △5二玉 ▲5三歩 △6一玉
▲5二銀 △7二玉 ▲8二金 △6二玉 ▲5四桂 △5三玉
▲4三香成
まで13手で先手の勝ち

詰め上がり図。漫画の投了図は▲5四桂まで。

▲4三銀成を発見するのがまずすごい。続く▲4四香はこの一手なのでここに打つのは見えるけど、その後玉が左右どちらに逃げても詰まないような感じに見える。
自分なら△3二へ逃げそうなところだが、玉が△3二へ逃げても▲5四馬と入って詰み。

変化図1


問題図から
▲4三銀成 △同 玉 ▲4四香 △3二玉 ▲5四馬 △2三玉
▲3二銀 △1二玉 ▲2一銀不成△2三玉 ▲3二馬

まで11手で先手の勝ち

△3二玉は駄目なのでこの大学生は△5二玉と逃げた。最善の順を選べるのだからこの人は決して弱くないことがわかる。
信歩の終盤力をこの大学生が知っていれば、もっと慎重に指していたと思うので、一回戦で信歩は負けていたかもしれない。
まあぺらぺらとしゃべっていたから・・・

変化図2

初手▲4三銀成に△同玉とせず△2三玉と逃げた場合。

ど、どう詰ますか、か、簡単だぜ・・・





ここからはズバッと▲3三馬で詰み。と、当然のように自分には全然見えない手だぜ!

変化図2から
△2三玉 ▲3三馬 △同 銀 ▲3二銀 △1二玉 ▲2三金
まで7手で先手の勝ち


いやあ終盤は難しい。自分はこんな詰みは読めません。今回はソフトに助けてもらいました。
こういう詰みを瞬時に読むんだからいかに信歩がすごいかがよくわかりますね。


今回の漫画は将棋の戦術や大会マナー、新キャラなど色々と情報が多く、かなり中身が濃いような感じでした(盤面情報もありましたし)。ただうまく初心者キラーの大学生さんを使って情報をスムーズに説明していると思います。
来週はjippoがどういう戦い方をするのかが面白そうなポイントですかね。個人的には意外なキャラの登場によって先が読めない展開になったので、若干これから大丈夫なのかと不安も感じるところですが、熱いドラマを期待したいと思います。