読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zekaoh's blog

将棋、雑記など

「ねずみ将棋」の紹介

ゲーム 将棋

「ねずみ将棋」は魚肉マンさんがHSPで作られた将棋のフリーソフトです。
面白かったのでご紹介。

ダウンロードはこちらから
ねずみ将棋 - SoupSeed

目次

タイトル画面


タイトル画面。ハム将棋ではなくねずみ将棋ですね。似ていますが違いますね。
タイトルの雰囲気がすごくいいと思います。

遊べるモードは4つ


遊べるモードは4つ。通常対局、目隠し将棋、ランダム将棋、10秒将棋。
強さの違うキャラクターが3人。つよい:神様、ふつう:たぬき、かわいい:ことり。ことりのかわいいは強さの表現で合っているのでしょうか・・・
たぬきとことりは弱いですが、神様はきちんと普通の手を指してきてそれなりに強いと重います。上記ページの作品紹介にアマチュア級位者向けと書いてありましたが、神様はハム将棋よりは若干強い感じでしょうか。先後の選択、駒落ちも対応しているので自分にちょうどいい手合いで対局できると思います。
対局では「待った」の機能はないのですが、指し直したい場合は一旦中断してから手を戻し「ここから対局」を選択すれば「待った」をすることが出来ます。また棋譜もCSA形式で保存、読み込みが可能です。
色々機能があって、ユーザーが遊びやすくなるよう細かい配慮がされていると思います。後述しますがこの他にさらにおまけがついています。

ランダム将棋


自分が面白かったのはランダム将棋。画像を見るとわかると思いますが自陣の歩以下の駒がバラバラに配置されています。開始するとスロットのように駒が高速でバラバラに動き、ストップを押すと動きが止まり駒が配置されます。運が良ければ初めから玉が穴熊に入っている場合もありますが、運が悪ければ玉ではなく飛車が穴熊の中にいたりします。
でたらめ配置は一見指すのが大変そうですが、歩が三段目そのままなので防御力はあり意外とひどい事にはなりません(香車や大駒がむき出しになっていないのですぐに駒を取られない)。
偶然生まれた初期配置からどうやって駒組みしようか、どうやって攻撃態勢をを作ろうかを考えるのがパズル的で非常に楽しい。敵陣もよく見ないと意外なところに香車がいたりして、うっかり駒をタダ取りされてしまったなんてことがよく起こります。
このモードは新鮮で楽しかったのですが、慣れてくると向こうの駒組みの甘さが気になったので、欲を言えばもう少し強いコンピュータキャラがいてもいいかなと思いました。

おまけモード


おまけモードの達成項目画像です。この画像はちょっとネタバレが入ってますね・・・
10項目を達成すれば○○がもらえます。こういうお遊び要素はうれしいですね。
神様に勝てるのであれば達成は楽だと思います。神様に勝つのは駒落ち戦でもいいのかどうかは試してないのでわかりません。
目隠し将棋、10秒将棋はことりが相手でも達成できました。目隠し将棋は将棋盤があれば将棋盤、またはKifu for Windowsなどのコンピュータ将棋盤を使えばいいですね。

まとめ

以下まとめ。
級位者向け将棋ソフトとして完成度が高いと思いました。将棋だけでなく色々なモードやお遊び要素を入れて、楽しんでもらう方向に優れたゲームになっていると思います。
これに完全初心者向けのチュートリアルモードなどがあればもっと良いですかね。
イラストも作者さんの自作なんでしょうか、とぼけていてとても良いです。無味乾燥になりがちな将棋の世界ですが、見た目も含め楽しんでもらう工夫は大事だと思いました。
AIの強化や新しい変則将棋の追加など、もっと色んな要素を取り入れたバージョンアップ版なども期待したいですね。